フランス額装とカルトナージュ *** フレンチクラフト・カフェ ***

NEW✥2017年10月特別講座! http://www.ateliermirabeau.com/#!event/a95bf

2012年11月

最終日の明日は、朝食後には出発なので、
ゆっくりパリを楽しめるのは今日が最終。

朝、Isabelle がホテルに来てくれてパリ郊外へ。
今日は一日Encadrementを愉しんで作品完成予定です。
Déjeuner は、さすがフランス人。
お弁当ですまさず、ちゃんとBrasserie(庶民的なレストラン)を予約済。
今日の定食「Plat du jour」は、シュークルトChou croute。
量が多そうなので、温かいSalade  にしましたが、
これもミート皿いっぱい。お肉好きな私もまいりました。
やはり狩猟民族は、食欲旺盛です。
BlogPaint











Brasserieの帰り道に、日本でも有名なパン屋さんがありました。
BlogPaint













BlogPaint












完成した作品は、帰国したらUPしたいと思います。
おたのしみに。

今回はパリで共にEncadrement を習得した仲間も
加わった滞仏になり、愉しい時間を過ごすことができました。
沢山の方に感謝の気持ちでいっぱいです。
Merci beaucoup !  A bientôt .
BlogPaint

毎年 Porte de versailles 近くの会場で開催の
Créations & Savoir-Faire。
今年は横の会場でフランスの市長さんの集まりが
あったとか。いろんな年代のMonsieur et Madame がいっぱい。

L’eclatや周年記念のIdées  のほかに、
ドミニック先生やポワチエのアンヌマリーさんのブースもあり、
一日楽しく過ごすことが出来ました。
今年は昨年以上に日本人の方も多くて、私のクラスの方にも何人かお会いしました。
また日本で思い出話しが弾みそうです。
BlogPaint














BlogPaint

















今回は、WSを受けないで、一日ゆっくり会場を楽しみました。
日本から出展のブースもにぎわっており、フランスでは今『こけし』がブームとか。
そういえば、こけしのオブジェをよく見かけます。

帰り道のSévres babylone にあるBon Marcheも
今年は周年記念とか。
残念ながら、メンバー全員疲れてホテルに帰ることにしました。
晩御飯は何にしょうか・・・ホテル近くの韓国料理?

今回の滞在は、パリで一緒にEncadrementを習った仲間も
いっしょです。
今日は一日懐かしい話しをしながらパリ市内を散策。
朝一番、はりきって出掛けたものの、早すぎて
セーヌ沿いのブキニストは閉まっていました。
足元の落ち葉に秋から冬への季節の移り変わりを感じます。
BlogPaint











BlogPaint
BlogPaint










メトロ:Pont Marie近くのお店には、
古い革表紙の本を綺麗に折って仕上げた作品が展示されてました。
何年か前、エルメスのウインドウに展示されていたことがあり、
その衝動でVanvesで買った革表紙の本を思い出しました。
帰国したら早速に折ってみなくては。(でも練習要ですね)
こちら、カリグラファーには気になるお店ではないでしょうか・・・。
BlogPaint











小春日和の中、左岸に渡って
Bd Saint Germain からギャラリーが並ぶ
Rue de Seine を歩いてセーヌ左岸まで。
その途中、20世紀初頭に刊行された『ガゼット・デュ・ボントン』の挿絵画家
バルビエやマルティーなどを置いているお店で
ゆっくり過ごすことができました。
荒俣 宏先生の編著『天使のワードローブ』を
もう一度読みたくなりました。

雨女の私は、どこへ行っても肝心な時に大雨。
ナントは足元がびしょ濡れになり、
翌日のVanves の蚤の市も最悪。Papier 物を出しているお店は少なくて、
お目当てのSujet との出会いもなし。

こちらの蚤の市も日本人の方が多くなりました。皆さん、よい出会いはありましたか?
今回は、cuiller à absinthe をMme NTと買いました。何に使おうかな・・・。
BlogPaint








雨は止みそうもないので、Annieさんのアトリエ近くへ移動。
Annieさんは、日本の雑誌にも掲載され、まだ日本なので、
アトリエのあるPassages des Panpramas で開催中のBrocanteへ。
こちらは毎年4月と11月に開催される古道具市。
BlogPaint









次の日はやっと雨もあがって、一安心。
少し足を延ばして、パリ郊外へ。Boutis ブティのアトリエを訪問。
住所を見ながら歩いていると3階建ての屋根の上に牛が数頭。
なんだろうと思いながら住所を確認したら、
そこが到着の建物地でした。
BlogPaint








針仕事が苦手な私はうっとり。夢のような作品でいっぱい。
少し運針の練習をしてみようかな・・・。血まみれに要注意ですけどね。

先生の素敵なお話しにパワーを頂戴した後、パリのタッセル工房へ。
向かう途中に通ったPied  de Cochon でDéjeuner(昼食)。
豚足料理が凄過ぎ!!
BlogPaint  BlogPaint

タッセル工房は、月1回実演があるようですが、あいにく日程があわなくて見学のみ。
オペラ座等のカーテン用タッセルや鍵用などを作成とかで、
古い織機に、沢山の木型、タッセルの数々が展示されています。
BlogPaint









細い路地には早 Décoration de Noel のBicyclette 。
今日も一日お疲れ様。
BlogPaint


BlogPaint

BlogPaint
Créations & savoir-faire 2012 にあわせて
「世界ふしぎ発見」で放映されていた巨大な像を見にナントに行ってきました。
パリ・モンパルナスからTGVで約2時間20分。
駅について、インフォメーションで街の地図をもらい
遊園地の行き方を聞いて、いざ街へ。

この遊園地「Les  Machines de L' île」は、
シーズンにより開園時間が違うみたいで、この季節は14時~。
少し時間があるので古い街を散策。
ブルターニュの香りのする街には、そば粉のクレープとシードルの看板や、
フリュイ・ド・メール(海の幸の盛り合わせ)もたくさん。
パリではあまり見かけないLangoustine(手長海老)や
Coquille Saint-Jacques(ほたて貝)のクレープ。

サン・ピエールサン・ポール大聖堂のステンドガラスもとても綺麗。
BlogPaintBlogPaint


散策後、トラム(路面電車)1号線に乗り、Chantiers Navais で下車。
乗る前に停留所の自販機で切符を購入。
自販機は、日本と比べるとまだまだ段取りが悪く、ここでもまたお札が使えなくて、
その上お釣り銭を食べられてしまいました。
よくあることなので、小銭の準備は必須です。

トラムを下車後、橋(Pont Anne de Bretage)を渡って
メリーゴーランドを目指します。
海の生き物で作られたメリーゴーランドは、決して可愛くなくて
少々気持ち悪い。でも何でも可愛いのがよいとされる傾向に比べると、
何となくいい感じ。
乗った後に、泣き声とともに
鼻から水を撒き散らす動く象が戻ってきて、その風貌に大歓声。
日本にはない感覚のこの遊園地。それがとても魅力的。
完成はもう少し先のようです。
BlogPaintBlogPaint










 
帰り際に、遊園地の横に「Encadrement」のお店を発見。
でもTGVの時間が迫っていて、寄ることができず残念。
BlogPaint













  

 

このページのトップヘ

アトリエミラボー