フランス額装とカルトナージュ *** フレンチクラフト・カフェ ***

NEW✥2017年10月特別講座! http://www.ateliermirabeau.com/#!event/a95bf

2011年02月

BlogPaint













今朝は辺り一面真っ白な雪景色でしたが、
こちら、少し前ですがパリのメルシーも寒そう~でしょ。
(この店内に今話題のマレットが販売されてます♪)

このフィアットは古いデザインですが、
とっても可愛い
その可愛さもリニューアルされて、
パリ市内は新しいフィアットが沢山走っています。
それもまた可愛い!
我が家は、可愛い系の車ではないので、
ちょっと憧れかも。(結構車好きな私)

フランスの伝統工芸から遠ざかってしまいましたが、
明日の午前クラスは場所が変更になって、
寒々の桜ノ宮でアンカードルモン講座です。
このクラスは、mrbの一番先頭グループのメンバーで、
明日の課題はコンパスを使って円を12等分しながらの製図です。
春になったら、このメンバーでグループ作品展を開催されるらしいので、
楽しみです。また詳細をお知らせいたしますね。

BlogPaint
先日の桜ノ宮クラスで、布をお店屋さんくらい持ってられる
Tさんの「A4スフレ」の素敵な仕上りです。
既成の蛇腹は結構高くて・・・・、でも自分で作成すると
表素材にも合わせれるので満足な仕上り感に
なります。

明日も素敵なアンカードルモンが楽しみです。
BlogPaint

















<vin 好きな旦那さま用のアンカードルモンです。>


BlogPaint






  






先月のホビーラボビーレのマンスリープレスにトワル・ド・ジュイ・ミュゼとの
コラボの商品が載ってました
昨年4月のフランス滞在は、アイルランド火山騒動でハチャメチャ感が
一杯になりましたが、そういえば、このミュゼにも足を運んだのでした。
パリから電車で小1時間で行けるのですが、駅と駅の間に位置していて、
結構歩きましたパリ市内はもう行きつくした~って方は、足を伸ばされてはいかがですか。
                BlogPaint
そして、このボビーラ・プレスに載っているトランクが可愛いです。
パリ市内にあるメルシーの店舗に売っているトランクも超人気みたいで、
12月に行った時は、日本の若いお兄ちゃんやお姉ちゃんが両手一杯に
おみやに買ってました。
そんなわけでもないのですが、当アトリエでもトランク(プチ・マレット)の課題を
をしています。結構素敵な出来上がりに満足度アップ!何をいれようかな・・・・
と思案するのもまた楽しみです。
Mirabeau(ミラボー)のクラスでは、ご自分の好きな材料で仕上げて頂くので、
それがまた満足度の高い作品になる要素ですね。



   そういえば、セーヌ河沿いに プラス・ドゥ・キョウト」 という場所があり、
  エッフェル塔がよく見えるこの場所なのに、15区だったんだ・・・・て。

  そうそう素敵にハンドメイドの本にアニー先生が掲載されていますね。
  パサージュ・パノラマにあるアトリエも写ってて
  先生もお元気そうで、よかった
  
  そして、日本は早立春を迎えましたが、1月は、ヨーロッパの寒気が日本にやって来て
  とても寒かったですね。新年早々、大雪の新幹線で大変な目にあった
  私は、これで今年の厄は終わりますように。

BlogPaint

この時期の京都タワーは、空気が澄んでいるから、とても綺麗。
お昼間の姿は、どーよ!って思うのは私だけ?
その感じが無くなるから凄い!

RIMG0223


1月最期の日曜日に、アンカードルモン・メンバーで集まりました。
今回は、大阪の中之島にある中央公会堂のお部屋を借りましたが、
いつも悪天にはよくあたるのに、クジ運のない私なのですが、
なんと珍しくお部屋の予約ができました!
しかし、当日は大阪国際マラソンで、沢山の人出でランチが・・・・

この日は、先にこちらのブログにアップした
「ビゾー・ヒマラヤ」を作成しました。
次回お会いする時は、皆さんで見せ合いっこしましょう。
楽しみです

RIMG0342


アンカードルモン・メンバーと集まった前日、名古屋でWSを開催しました。
今回は、4角形をベースにした渦巻状のマットの額装です。
ご参加頂いた皆さんは、何角形でも作成して頂けると思いますので、
是非チャレンジしてください。
皆様、有難うございました。次回5月のWSもお楽しみに!

額装にご興味のある方は、是非ご見学にいらしてください。
名古屋の教室は、特にいろいろな素材を用いて仕上げることが
可能なクラスですから、仕上がったマットは格別です。
また、普段カルトナージュだけをしていると余り見かけない素材も、
カルトナージュに仕立ると新鮮な感じが増します。

そういえば、布のカルトナージュが多い中、パリのL'eclatの店頭にあるのは、
素敵な紙のカルトナージュ達です。
画面では、色の違いはご覧頂けますが、素材感を
感じて頂けないので、残念です。
そして、明日はまた名古屋の教室です。
今月も新しい素材との出会いがありますように
BlogPaintBlogPaint
BlogPaintBlogPaint
BlogPaint BlogPaint    




このページのトップヘ

アトリエミラボー